平進丸船長ブログ

2012年11月14日

『マダラ釣りの仕掛け』

マダラ釣りの仕掛けについて犬
人それぞれ考えあると思いますが
胴付き仕掛け6本針ぐらいが手返し良く、ベストぴかぴか(新しい)
初心者は3本仕掛けでも十分
10本ぐらい付けている方もいますが
手間暇の割にはそれほど効果も無くあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
幹糸は18号ぐらい100p・ハリスは10号前後を50pぐらい
既製品で20pぐらいのハリスでクロスビーズ使用のモノがありますが
ウネリがある時などハリスが短すぎて非常に喰いが悪いですふらふら
また、クロスビーズも幹糸のヨリが取れずらく良くないです
針はムツ針20号・オモリ300号です。
潮が速い時には350号・400号のオモリを使う時もあります
ハリスが太いと喰いが悪いと思う方がいますが
細ハリスに大きいエサを付けると幹糸に絡みやすく
絡むと喰いが悪いし、解くのに時間がかかります
細ハリスはむしろ逆効果!
向こうアワセの釣りですので針先は鋭い事が大前提
釣行の度に針先チェック・新しい針に交換猫

CA340238.jpg
親子サルカンの付け方には向きがあります・上の写真 
サイズは1/0×1か2/0×1/0

CA340236.jpg
仕掛けを作る時間のない人は市販仕掛けありますのでお試し下さいわーい(嬉しい顔)

釣り方のキモはズバリひらめき
海底をイメージして、底スレスレに流してやることですパンチ
ポイントは海底の根です。
その上を、船を流して釣ります。
海底の起伏にうまく対応していないと
大きく底を切ったり、根掛り多発ということになります。
常に海底の状況を、竿先から情報を読み取りながら
イメージする必要があります。
ここは上り坂だな、下り坂かなとか
オモリが底を叩くリズムを見ていればイメージできます。
それで道糸を出し入れして調整します。

CA340479.jpg

そして、うまく「追い喰い」を狙えば
深海の醍醐味、マダラの多点行列となりますわーい(嬉しい顔)
但し、根掛りすれば全部取られますのでもうやだ〜(悲しい顔)
程ほどに釣れたら巻き上げます。
宮古のマダラ、これからが旬ですパンチ

*マダラ釣りの出船は三陸沖西部の気象を参考。

posted by 船長 at 20:15| 日記