平進丸船長ブログ

2012年12月25日

『ナメタガレイ』

ナメタガレイの釣り方、人それぞれ考えがあると思いますがぴかぴか(新しい)
普通カレイは砂地に生息しますが、ナメタの場合は岩礁地帯や人口漁礁がポイントになります。
誘い方はオモリが底で立ったり横になったりと小刻みに動かすことがコツ。
動かした後に止めて待つ時間も、同じくらいかまたはもっと長くとります。
この誘いでアタリがこないようであれば、再度誘い直すか大きくシャクってポイントを変えてみます。
概して、竿の感触で根が掛かりしそうな所はナメタがいる場合が多いようです。
その場合はじっくりと狙った方いいです。
ナメタガレイのアタリは大きく分けて2通りありますひらめき
竿をガタガタさせながらもっていかれる場合。
こんな時は掛かっているときが多くその時は即あせます。
比較的弱いあたりの場合は力強い本命のアタリが出るまで糸を張らず緩めず、
魚に違和感を与えないようにしてひたすら待ちます。
ポイントに隠れ家・根があるので最初は強引に底から離しからやり取りします。
その後はドラグを使ってゆっくりと。
最後にタモ入れとなりますが油断ができません。
大型のものは賢く寄せる場所・隣との糸の絡みタモに入れる方とのタイミングなど考慮します。
当地方のタックル
オススメは竿・30〜50号タイプの240から270、
リールは電動または手巻き・道糸PE3号前後を200メール巻けるものですが、
普段使い慣れた竿でOKです。
オモリは50号から60号でハリスは5号前後。
餌はアオイソメ・目立つように多めに房掛け、ポイントです。
ナメタ自体そんなに数多い魚ではありませんがコツとしては
船長の合図があったら仕掛けの投入は速い方がいいですexclamation
餌をそこから付けいるようでは話しになりませふらふら
自分だけまだの場合は特にそうです。
船長はまだ釣れていないひとにあわせて、一匹でも多く釣れるように船を流しています船あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
子持ちナメタはこれから狙い目ですよわーい(嬉しい顔)

CA340207.jpg
写真はナメタガレイの仕掛け・遊動式2本針
カメ型は海底で落ち着きが良く、ナツメ型は根掛かりが外れる時あり
他に遊動天秤・ゆらゆら天秤など皆さんいろいろですが、
オモリに捨て糸を付けるのは有効ですよ目

i^.jpg
  ナメタガレイ62a

posted by 船長 at 21:57| 日記